学資保険(こども保険)の選び方・見直し方

学資保険(こども保険)

「こどもの教育資金を着実に準備する」
学資保険

学資保険(こども保険)の
選び方・見直し方 select / revise

目次

監修者プロフィール

吹田 朝子(すいた ともこ)

吹田 朝子

(すいた ともこ)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

ぜにわらい協会会長 一般社団法人円流塾 代表理事。人とお金の理想的な関係を追究するお金のメンタリスト®。1989年一橋大学卒業後、金融機関にて企画調査・主計部門を経て1994年より独立。
顧客相談3300世帯以上。TV出演・新聞連載など多数。結婚・妊娠・出産・子育てや転職・住宅購入、そして親の介護など、様々な人生イベントを含み、夫婦の稼ぎ方からお金の使い方、受け取り方、増やし方、そして家族のために次世代まで幸せが続くお金の使い道を設計することを生業としている。著書に「お金の流れをきれいにすれば100年人生は楽しめる!」(スタンダーズ社)、「お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由」(C&R研究所)など多数。

長尾 義弘(ながお よしひろ)

長尾 義弘

(ながお よしひろ)

ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員、辛口保険評論家

NEO企画代表。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。
著書に「コワ~い保険の話」(宝島社)、「こんな保険には入るな!」(廣済堂出版)「商品名で明かす今いちばん得する保険選び」「お金に困らなくなる黄金の法則」「保険払いすぎ見直しBOOK」「最新版 保険はこの5つから選びなさい」「老後資金は貯めるな!」(河出書房新社)、「保険ぎらいは本当は正しい」(SBクリエイティブ)。共著に「金持ち定年、貧乏定年」(実務教育出版)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ「よい保険・悪い保険」など多数。

1. 新規に学資保険を検討している場合

(1)選ぶ際に重視するポイントとは

実際に学資保険を検討する場合、新規加入の場合と見直しの場合とで見るべきポイントを確認していきましょう。
新規加入の場合に一番に確認したいのが返戻率です。返戻率が高い学資保険であれば、割安な保険料で効率的に教育資金を貯めることができます。返戻率は払込方法によって変わり、月払、半年払、年払、一時払の順に返戻率は高くなりますので、予算に余裕があるという人は保険料をまとめて支払う選択も視野に入れておくと、さらに効率よく準備できるようになります。

ただし、払込方法を月払ではなくまとめて支払うと保険料はもちろん大きな額になりますので、いくら返戻率が高いからといって無理をして契約してしまうと、保険料の支払が困難になって解約せざるを得ず損をしてしまうことにもなりかねません。
学資保険に新規で加入する場合、返戻率が高い商品であっても絶対に無理をしないことが重要です。

(2)返戻率が高いものを選ぶために

また、返戻率は契約者の年齢や性別によっても変わりますので、夫婦の年齢によって返戻率が高くてよりリーズナブルな保険料になるものを選びましょう。ですから、学資保険を検討するときは必ず夫婦両方で見積もりを取ってどちらの返戻率が高いか比較して検討しましょう。ただ、返戻率だけを見るのではなく、配偶者に万が一のことが起こったとき、どちらが家計に影響が出るかも考えて、保険料払込免除特約を付加するかどうかも含めて契約者をどちらにするか相談しましょう。

新規加入でできるだけ返戻率を上げるために必要なことのひとつに、無駄な特約を付加しないということがあります。子ども医療費助成制度をフルに利用できるのであれば学資保険に入院保障や手術保障などの医療特約などは必要ないと判断することもできますし、収入保障保険に加入しているのであれば死亡保障が充実している保障型の学資保険よりも、より効率的に教育費が貯められる貯蓄型の学資保険を選ぶことも重要です。新規加入のときは、貯蓄性機能なのか保障なのか優先順位を考えて学資保険を選ぶとよいでしょう。

2. 既に学資保険に加入済みで見直ししたい場合

(1)どんな時に見直しが必要?

学資保険は保険期間の途中で解約をすると損をしてしまうことがありますが、しかしそうはいっても見直しをしなければいけないケースも出てきます。それは、こどもの教育方針が変わったときや希望していた進路を変更するときなどです。

出産などのタイミングで、契約者である親はこどもの将来を想像し、その希望を叶えるための教育資金の準備の手段のひとつとして学資保険への加入を検討する方が多いでしょう。しかし、こどもが成長していくにつれて好きなこと・嫌いなことがはっきりしてきて、親の希望やこどもの小さい頃の夢にも変化が生まれることがあります。

例えば最初は国立大学を希望していても、こどもが成長するにつれて「医者になりたい」という夢を持ち医学部のある私立大学を希望した場合、大学進学にかかる費用は約321万円(国立大学)から約2,274万円(私立医歯系)と約7倍もの差が出てきます。子どもが生まれてからの18年間でこの費用を学資保険で積み立てようとすると、国立大学なら毎月約1万5,000円のところ、私立医歯系なら毎月約10万5,000円もの積み立てが必要になります。

(2)教育資金準備を増額するなら?

学資保険を含め生命保険は、契約時の審査などから、一度契約した保険金の額を途中で増額することは簡単にはできません。よって、準備額を増やしたい場合は、新しい学資保険に追加で加入することになります。その際には、最初に加入した学資保険よりもさらに予定利率が高い商品はないか、他社商品も比較をして検討するとよいでしょう。

また、当初加入した学資保険よりも予定利率が高かったり保障がより充実している商品がある場合には、それまでの契約を払済保険へ変更し、保険料の支払いをストップさせながら保障を継続させ、新たな学資保険に加入することも可能です。払済保険の手続きは解約に比べて損を少なくすることができるので、学資保険の見直しをするときには絶対に覚えておきたい制度のひとつです。

(3)特約の見直し

こどもの医療特約についても見直しが必要なケースがあります。現在、各自治体で子ども医療費助成制度がありますが、詳細は、お住まいの自治体によって対象年齢が小学校卒業までや中学校卒業までと差があります。そのため、子ども医療費助成制度の対象年齢の間は医療特約を付加せず、対象期間が終わり医療費がかかるようになったら医療特約を追加で途中付加することもできます。

(4)合わないと思ったら見直しは早めに

学資保険の見直しは保障の追加や払済保険への変更だけではありません。必要ないと判断した保障を削ることも見直しのひとつです。効率的に子どもの教育資金を貯めたいと考えている人が、営業マンのトークに流されて貯蓄型ではなく保障型の学資保険に加入してしまったケースなどはその典型例でしょう。そのまま放置していると、必要のない保障があるせいで返戻率が下がり、効率的に教育資金を貯めることができずに目的を達成できないという恐れもあります。そういった場合には、必ず自分の希望と加入している学資保険の保障内容を再確認して、必要ないと判断した保障を削ったり、契約自体を見直す手続きをしましょう。

学資保険の見直しをする際には、学資保険以外で加入している保険の見直しも一緒にするとさらに効果的です。
生命保険文化センターの「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」によると、生命保険の世帯加入率は88.7%なのに対して、実際に加入している保険の保障内容に満足している割合は46.1%と低く、加入者の二人に一人は保障内容に満足していないということがわかっています。また、同調査の中で保険に加入した経緯を聞いたところ、生命保険会社の営業マンから加入したという人が53.7%と半分以上を占め、複数の生命保険会社を取り扱っている保険代理店などから加入した人の17.8%を大きく上回ることから、保険の見直しや他社との比較をすることで保障内容が改善されたり保険料を節約することができる可能性があることもわかります。
もし学資保険以外の保険の見直しをすることで、全体的に保険料の節約をすることができれば、その浮いたお金を学資保険の予算に回すことも可能になりますので、学資保険の見直しをする際には、必ず他に加入している保険も一緒に見直すようにしましょう。

定期保険の選び方・見直し方の記事一覧

もっとみる